オール沖縄会議

抗議活動の再開(6/15)について

日頃より辺野古新基地建設反対運動に対するみなさまの奮闘に敬意を表します。
オール沖縄会議は、4/15~新型コロナの感染拡大防止のために現地での抗議活動を中止してきました。

この間のみなさまのご理解とご協力に感謝します。

このまま工事の中断が続くことが望まれるところでしたが、沖縄防衛局は民意を無視して 6/12 (金)より工事を再開すると発文しました。

私たちは決してあきらめない!辺野古新基地を造らせないために、6月15日の月曜日より抗議活動を再開します。みなさまのご協力をお願いします。

 オール沖縄会議は、これまで沖縄防衛局に対して、4月13日「設計変更申請をするな」同21日には「設計変更申請を取り下げよ」今月6月1日には「工事再開をするな」という趣旨の抗議要請を申し入れ、その取り組みを記者会見で報告し県民との共有に努めてきました。

 しかし、防衛局の担当者は「普天間基地の固定化を避け、一日も早い危険性の除去」を繰り返すだけで(普天間基地の危険性除去のために閉鎖・返還は国の責任として当然)、そこには、辺野古新基地建設に反対する県民の思いを真摯に受け止める姿勢は感じられませんでした。

 抗議活動は、オール沖縄会議の「感染防止ガイドライン」に沿って行います。現場担当者からの協力要請に、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

————————————————————-
16号 6・15抗議再開日について
————————————————————-
コロナ辺野古ガイドライン
————————————————————-