オール沖縄会議

抗議活動の休止継続について 8月19日(水)~9月4日(金)の抗議活動を休止します。

8月19日(水)~9月4日(金)の抗議活動を休止します。

県は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、警戒レベルを最高の4(感染まん延期)に引き上げ、緊急事態宣言は2週間延長し、29日迄としました。

オール沖縄会議は、抗議活動の休止を8月18日迄としていましたが、県内の感染拡大の現状を踏まえ、緊急事態宣言延長に合わせて、抗議活動の休止を継続します。尚、8月31日~9月2日の旧盆(抗議活動休止)を挟み、3日~4日を抗議活動再開の準備日とし、再開予定日を9月7日(月)とします。

新基地建設に向けた工事の強行が続く中での休止ですが、抗議の現場から誰一人感染者を出さないための判断です。みなさんのご理解ご協力をお願いします。

なお、オール沖縄会議は、基地の内外での感染拡大を防ぐために、軍人、軍属や基地従業員の基地と市街地の出入りが止まるよう、沖縄県に対して、基地の閉鎖と建設工事の中止を日米両政府に求めるよう要請しました。防衛局に対しても同様の要請と警備員のカメラ装着を止めさせるよう抗議しています。

※活動休止の場所 ①辺野古ゲート前 ②安和 ③塩川 ④海上 ⑤浜テント
<活動休止中も「現場監視行動」が各曜日担当の団体及び協力者により継続されています>
※ 抗議活動の再開は、緊急事態宣言解除後の会議で決定し、その翌々日(決定翌日に活動再開を準備)からとします。
※ 再開日等に関しては決まり次第あらためてお知らせします。
※ 9/5(第1土)の県民大行動も休止します。

PDFについては下記をクリックしてご覧ください。
31号抗議活動休止継続について