オール沖縄会議

お知らせ

ニュース・イベント・活動報告

【東清二琉球大名誉教授メッセージ全文】

8.11 県民大会に寄せて

 私は 2014年4月から、沖縄防衛局が設置した環境監視等委員会の副委員長を務めていましたが、今年4月に正式に辞職が認められました。
最初は、環境監視等委員会で、ちゃんとした監視ができると期待していました。
それで、埋立区域も含めて、ウミガメの産卵場所、ジュゴンの食草であるアマモなど海藻の分布と密度、ジュゴンが何頭いるのか、どれくらいの頻度で来ているのか、などの調査を依頼したのですが、全然返事が来ない。何も調べていない のです。
委員会での発言の確認も、第1回のあとはありました。しかし、その後は議事 録ができてくるたびに全然違う。発言しても、こちらの要求などは、書いていない。委員会で、藻場の問題も話しましたが、それは議事録には載らない。防衛省 は自分たちの都合の悪いことは議事録に載せないのです。委員の意見を聞いて、それを守るのが防衛省のはずなのに、自分らに都合の悪いことは一切書かないで、都合のいいことだけ書いて、それを守っていくだけなんです。そんな委員会 は、意味がありません。
県外からの委員には、沖縄のことはわからないんです。沖縄に来て初めてサンゴを見た人もいたんじゃないでしょうか。
とにかく、委員会で何を言っても、響かない。開発一点張りで、サンゴのことだけは答えるが、それ以外のことはまともに答えない。海草藻場のことなどは、見ないことにしよう、聞かないことにしようと。工事ありきで、ほかの意見は聞 かないという態度です。環境監視と言いながら、工事を進捗させるため、何らかの了解を得るための委員会だと、防衛省は思っているようでした。工事を進捗させることに関係ないことには耳を貸さないという態度ですね。それじゃあ何の 意味も無い、何のための委員会かということで、私は2015年3月に辞めると事務局に伝えました。沖縄防衛局からは、この件で取材があれば、事務局に聞いてくれと答えなさいと言われました。
辺野古、大浦湾の環境は優れています。特に藻場はすごい。あんなに広い藻場はほかにないです。それを埋め立てるのは、自然破壊そのものです。沖縄本島の山を崩して埋め土を持ってくるのも、自然破壊です。
辺野古、大浦湾の埋めたては、やめさせることです。中止すべきです。沖縄には、もうこれ以上軍用基地はいらないです。
慰霊の日の翁長知事の発言には本当に感激しました。私は、翁長知事の埋立承認の撤回を支持します。
2018年8月11日
東清二

■関連ニュース
琉球新報「辺野古埋め立ては自然破壊」東清二琉球大名誉教授メッセージ全文 8・11県民大会

沖縄タイムス 社説[8・11県民大会]遺志引き継ぐ決意新た